フライヤー印刷で宣伝効果アップ|必要な情報を掲載できる

余白や色を上手に使う

フライヤー

名刺は、自分がどういう人物かを示すために重要なツールです。仕事で取引先の人と商談する際、真っ先に名刺交換が行なわれます。そこで、しっかりと名前や役職、会社名を改めて確認するのです。仕事で使われる名刺は、ほとんど白地に黒で文字が印刷されているシンプルなデザインです。中には会社の宣伝商品を一緒に印刷している名刺もあります。名刺は、会社によってデザインを変えると、相手に良い印象を与えられるはずです。縦書きが横書きかだけでも与えるイメージが違ってくるのです。
名刺のデザインを考えるとき、まず気にすることは、採用する文字のフォントです。角ばったフォントや丸いフォントなど様々な種類があるので、会社の雰囲気に合わせたフォントを選びましょう。その際、数種類のフォントを使うと、名刺全体が散らかって見えるので気をつけるべきです。多くても二つのフォントを使うようにします。また、名刺は読みやすくなければいけないので、文字の間隔も意識しましょう。余白を意識したデザインの名刺は、必要な情報をすぐに相手に伝えることが出来るのです。名刺のデザインでは、文字や余白以外に色にもこだわりましょう。色には様々な心理効果があります。例えば、赤色は勢いやパワーを表現し、黄色は知性を表現しています。青色は誠実さや信頼を意味しているので、相手先の信頼感も増すはずです。色の保つ役割を考えて、名刺のデザインに上手に取り入れましょう。また、名刺は会社用だけではなく個人でも作成することができます。機会があれば、個人用の名刺をデザインしてもよいでしょう。