フライヤー印刷で宣伝効果アップ|必要な情報を掲載できる

個性溢れる手提げ袋

ノベルティ

紙袋の印刷は、専門の会社に依頼すると綺麗に仕上がります。流れもわかりやすく、手軽にオリジナルの紙袋が手に入ります。印刷にかかる費用は価格表で見ても良いですが、見積もりをするとより詳しく把握できます。

もっと知ろう

本の雰囲気に合うデザイン

印刷機

自分で書いた漫画を同人誌としてイベントで売り出す機会が増えました。購入者の目を引くためには豪華なデザインにする必要があります。専門の印刷所に依頼すると、イメージ通りの本が出来上がるでしょう。

もっと知ろう

おすすめ関連サイト集

  • デザイン百貨店

    名刺を印刷するのであれば、こちらに依頼しましょう。デザインも自分で選んで作ることが出来るのでおすすめです。

チラシとは違う広告用紙

色見本

街中を歩いていると、よくエステなどの広告用紙を配っているのを見かけます。この広告用紙は通常のチラシとは違い、フライヤーと呼ばれます。チラシがA4以上のサイズであるのに対し、フライヤーはA4以下のサイズで印刷されます。フライヤー印刷で使われる用紙はチラシよりも厚手で、載っている情報も必要最低限のものなので、コンパクトにまとめられています。フライヤー印刷は、まず自分で全体的なデザインを決めます。この時、デザインをするイラストソフトは、印刷会社から指定される場合があるので事前に確認しておきましょう。印刷会社から指定される内容は、イラストソフトのバージョンやファイル形式、サイズなど様々で、入稿をする前に条件通りの仕上がりになっているか確かめるべきです。フライヤー印刷には二つ程印刷方法がありますが、どちらの方法も綺麗な仕上がりで、用途別で使い分けましょう。フライヤー印刷にかかる費用は、用紙の種類やサイズ、部数などで変わります。また、片面印刷か両面印刷かでも左右されるので、料金早見表などを使って、おおまかな予算を把握しましょう。印刷会社によっては料金表にない用紙に対応している場合もあるので、一度問い合わせてみると良いはずです。現在、ほとんどの印刷会社がデータ入稿に対応しているので、直接資料を持ち込まなくてもネットを介して入稿することができます。データ作成に困ったときでも、参考になるテンプレートを多数用意している場合があるので、デザイン作成に活かしましょう。

余白や色を上手に使う

フライヤー

名刺には、会社や人を一目で把握できる情報が書かれています。フォントや色に気を遣うなど、デザイン次第で与える印象が変わってくるのです。また、個人用の名刺を作ると、交友関係を広げることができます。

もっと知ろう